開業物件で歯科医院を開くなら|今すぐ開業ナビ

写真を説明する医師

多くの人が虫歯の治療などのために歯医者さんへ行きますが、実際の治療を行うのは医師だけではありません。
治療する医師の横で診療補助を行ったり、虫歯の予防処置や歯の保健指導を行う役割の人が必ず存在しています。
これらの業務を担当している人を歯科衛生士と呼びます。
小さなクリニックの場合ですと、受付や会計業務もこなしているケースが多いので、一見何も資格を有していない人でも行えそうな業務に見えますが、歯科医療福祉の専門家です。
この業務を行うためには、国家試験に合格する必要がありますので、全国各地に専門学校や教育施設が存在しています。
昔は虫歯になってしまった歯を治すために歯医者さんに通う人が多かったですが、最近は虫歯になる前からの予防が重視されるようになってきており、専門家である歯科衛生士の活躍のフィールドが拡大してきています。

歯科衛生士は、一般的な歯医者さんだけでなく、老人福祉施設や企業、病院、保健センターなどで勤務することができます。
特に、近年は、社会全体の高齢化が進んでいる影響で、老人福祉施設からの需要が高まってきています。
歯が健康でないと、十分な栄養を摂取することができなくなります。
また、一生自分の歯で物を食べることができるということが生きる喜びに繋がります。
そのため、入所者の歯のケアに力を入れる老人福祉施設の数が多くなってきています。
そのような要請に応えるため、歯科衛生士は、歯そのものだけでなく、人体や疾病に関する知識も身につけておく必要があります。
また、これから一層進展する高齢化社会に対応すべく介護の知識や技能も学ぶことが求められています。